太白区からハートのある市政を!佐々木心 ささきしん

自民党

心の誓い

云ったことは俺がやる!

昭和53年生まれの「仙台の街」が大好きな生粋の仙台っ子、佐々木心(しん)です。 「しん」という字は「心」と書きます。ハートが名前の熱い男、私は『云ったことは俺がやる!』の 精神で皆さまの想いをカタチに変え、限られた財源の中ではありますが自分の事より他人のために尽くす事が政治であり、 同世代や次の世代の方々への政治参加の促進をしていくことも私の役目だと思っております。

昭和53年の仙台市では「宮城県沖地震」が起きました。その年その時代に生まれた私達は、 家族や地域の方々に見守られ、お互いに助け合い、先人たちの努力や街に対する思いで、 防災意識を高め受け継がれてきた世代と認識しております。そして、4年前の「東日本大震災」。 内陸部においては、土砂崩れや建物損壊等、沿岸部においては、津波による壊滅的な被害で大きく仙台の街を変えました。 4年が過ぎた今、復興の確かな実感がある半面で内陸部と沿岸部との間に復興の格差が生じていることも重く受け止めております。 現在、仙台市は復興5ヶ年計画と掲げ、今年が最後の5年目を迎える年でありますが、ハード面ソフト面と様々な課題が残されております。 防災の年に生まれた私が先導となり、復興の加速化と次の世代に防災の意識を紡いでいくことが責務だと考えます。 また、仙台市は「防災都市の街づくり」として、この国の未来を牽引する都市として、日本へ、そして、世界へも発信していかねばなりません。

佐々木心

大好きな「仙台の街」がこれから先も、「生まれて良かった。育って良かった。住んで良かった。」という街づくりを発信していき、 地元や地域を歩き皆さまの声をカタチに変え、32年間仙台市議会議員として仕事をさせて頂いた父の想い、 「未就学児対策」「障がい者対策」の政策を中心とした『私は守ります約束と時間を!』の政治モットーを引き継ぎ、 『云ったことは俺がやる!』の精神で10年後・20年後の未来ある仙台の街を見据えて行動して参ります。

太白区からハートのある市政を!
佐々木 心

事務所へのアクセス

どうぞお立ち寄り願います。
佐々木心後援会事務所
〒982-0001
宮城県仙台市太白区八本松1丁目15-23
電話 022-249-0184
FAX 022-249-0194

佐々木心事務所地図 グーグルマップはこちら
心の政策 佐々木心とは? 4コマ漫画 佐々木心4コマ漫画 いよいよ決戦の日! 仙台市議会
ページトップ